酵素で痩せるコラム

酵素で痩せるコラム記事一覧

パーティ会場

そんなこんなで″調子にのってるかい、イェ.イ″状態になった私は、「パーティーに出るときは、事前に、おにぎり1つでもいいから口に入れておくと、食べすぎることもないでしょう」という酵素ダイエットの教えを守り、ちゃんとご飯を120グラム食べてきたにもかかわらず、ローストビーフ、テリーヌ、キャビア、鶏の煮込み、サンドイッチ、お寿司に中華風茶わん蒸しに日本そばなどなどを端から食べまくってしまった。〈こんなに痩せたっていわれるんだもん。自分へのゴホウビ、ゴホウビ〉……私は、本当に言い訳がうまい。しかし、冷静になって考えてみれば、かつて、このパーティのときの体重と同じぐらいの頃も、私はデブデブといわれていた...
続きはコチラ

ウエディングドレス

おそるおそる、足のほうからスカートを引き上げていく。すると、心の中ではゼッタイにお尻を通過するハズはないと思っていたスカートが、スッと上がるではないか。またまたスタイリストさんを尊敬する私。しかし、お尻までスカートを上げたはいいが、ホックが止まるまでには急速ウエストを10センチは細くしなければいけない現実に倒れそうになる私に、大崎さんは、またもや、へっちゃらな顔をして、「よくある、よくある」なんて、おっしゃる。〈もしかして、撮影現場というのは、こういうことが日常茶飯事でおこっているのかもしれないんだわ〉〈サイズが大きすぎて、背中を洗濯バサミでつまんだり、胸にパッドを入れたりする現場は私も何度か...
続きはコチラ

縦のプリーツ

こういうパーティは、たいていの場合、ビュッフェ形式。ダイエット中の者には、日の毒なんてもんじゃない。決して足を踏み入れてはいけない場所である。しかし、キレイなお料理がいろいろ食べられるビュッフェパーティが大好きな私。「あそこの会社には、いつもお世話になっているし」r,′と、得意の自分と周囲を納得させる理由をつけて、出席をマルで囲んでしまった。さて、何を着て行こう。そうだ。『with』の取材のときに買い取らせてもらったジャケットにしよう。イッセイミヤケほどの数ではないけれど、ところどころ縦にプリーツが入っていて、ウエストがキューッと絞ってある、あのジャケット。ほんとうに痩せて見えるもの。スタイリ...
続きはコチラ

大食漢 女子

そしてミステリー作家への転身である。マッハ文朱さんは85キロから65キロという数字が、豪快なカンジがして好感がもてる。しかし、やっぱリマッハさんもマッハ茶を出したあたりから、文化人のにおいがプンプンする。元プロレスラーは、マッハさんのほかにも、ミミ萩原さん、ダンプ松本さん、長与千種さんがダイエットをやっていて、ミミさんのほうは、女子プロ引退の1週間後に予定されていたビデオ撮影のために、7日間で54キロから47キロに減量。空腹時にはリンゴをかじり、入浴後にエクササイズという決死のダイエットだったらしい。ダンプさんは、かわいのどかさんが108キロから68キロまで痩せた、グローバル漢方で痩せた。さす...
続きはコチラ

カロリー計算

カロリー計算、酵素療法、塩もみ療法(これも早い―)など、数々の減量法に失敗した末に見出した痩身方法がヨーガだったという。54キロを42キロまで落としたのはゴリッパだが、ネタがョガ、それもヨーガと伸ばすところが、なんとも神がかっていて、少し怖かった。たとえば、うつみ宮土理さんだ。うつみさんは、小森のオバちゃまから、「宮土理ちゃんのオシリ、オバちゃま、嫌だわぁ」といわれて一念発起したそうだ。で、ミネラルを多く含む根コンブ健康法と、あのカチンカチン体操で、10日間で5キロ痩せた。『根コンブ健康法』は1985年、『うつみ宮土理のカチンカチン体操』は翌年の86年に発刊された。○○ダイエットではなく、健康...
続きはコチラ

酵素ダイエットの朝食

これも、いつも不思議に思っていることなのだが、翌朝、昆布水を飲んで、酵素ダイエットの朝食をとると、食後、スーッと体のなかがキレイになっていくような気がする。まさに、毒が洗い流されていくような、そんなカンジ。これは、酵素ダイエットを体験した人でないとわからないだス了つ。とにかく、毒をたくさん食べてしまったときは、翌朝のご飯で酵素ダイエット二戻ることが大切なのだ。毒を2食以上つづけないこと。これがリバウンドするか、そうでないかの別れ道である。ダイエツト本を出した人々仕事柄、当たり前なのだが、私はよく、「いま、どんな本を書いていらっしゃるの?」と尋ねられる。「いまですか? ほらほら、私、酵素ダイエッ...
続きはコチラ

生クリーム

しかし、それでも、どうしても外でご飯を食べなければいけないときがある。たとえば、食事をしながらの懇談会や座談会の類い。立食ならまだしも、着席で会席料理とかフランス料理というときに、まったく手をつけないわけには、やっぱり、いかない。私は、「いまダイエツト中だから」と、とんカツから衣を外したり、ケーキから生クリームをすべてよけるような女は大嫌いr4/なので、そのような機会のときは、おおいに食べることにしている。酵素ダイエットの教えでは、こういう日には、あらかじめ、おむすびとか、おまんじゅうを食べておいて、パーティ料理を食べすぎないように……とある。でも先生、着席のパーティに、このワザは効きませんで...
続きはコチラ

痩せようとしている人

痩せようとしている人が、キチンと実行しているというのに、やにわに2キロも増えたのだ。気も動転、お先真っ暗になるのもおわかりいただけよう。「私には、やっぱり酵素ダイエットは合わないのかしら」という気持ちも頭をよぎった。滝本さんの「それは、いわゆる反応よ」という言葉も入ってはこない。「大変ね―、便も出ないでしょう」という酵素ダイエットの声でわれに返った。おそらく、お料理を作りながら、電話回に向かって大声で話してくださっているのだろう。そういえば、おしっこの出も、いちじるしく悪いし珍しく便秘もしている。「しかたないわね。下剤を1回だけ許してあげる。飲んでごらんなさい」と酵素ダイエット。生理は女の体の...
続きはコチラ

ダイエット器具の宣伝はもう信じない

ダイエット中に、誰もがいちばん気にかかることは、恐らくこれだろう。しかし、ダイエット本や、ダイエット食品、器具の宣伝には、このことが、まったく書いてないのである。酵素ダイエットの『やせる調理革命』のなかに、主婦の久保信子さんという方の体験談がのっている。《前略)8キロまで順調に体重が減ってきたのに、そこでピタリととまってしまい「もうこれ以上は無理なのかしら」と、自信を失いそうになったことがありました。そんなとき、鈴木先生の講演を聞き「そうだ、痩せることよりも、体のためによいことなのだから、ずっと続けなければもったいない……」と思いつきました。すると不思議、また体重が減りはじめ、いまや7号サイズ...
続きはコチラ

酵素ダイエットが最近いい感じ

結局、またトキノの滝本さんにファックスを流してしまった。〈朝は、昆布水←煮豆、佃煮A群&B群(分量は基準どおり)に、ご飯180グラム。昼は、朝と同じものにわかめ3グラムと昆布水の昆布に和ドレをかけて。夜は、ご飯180グラムに、レトルトの1品をかけたり、トキノのお総菜+わかめで。間食は、朝昼のあいだに黒蜜ようかんを2本、昼夜のあいだはトキノ菓子、夜はコーヒーに砂糖を入れて飲んだり、トキノあめをなめたりしています。水分は毎食後に市販のミネラルウォーターを1杯飲む程度で、缶飲料は一切飲んでいません。GGは、朝晩計10粒は飲んでいます〉われながら、ほればれするぐらいの完璧な酵素ダイエットである。〈最近...
続きはコチラ

ダイエット本は信じませぬ

これ以上は無理なのかしら単行本の出版が、あと3ヵ月後に迫ってきた。この本が売れるか売れないかは私の結果にかかっている。その結果とは、を見た誰もが、「おぉ.っ、山田が痩せている.っ」と驚嘆の声をあげることで、これまでのように、「ウソ.、ほんとに10キロも痩せたの?」「どこが”ご「あんまり、変わってな.い」といわれることでは、決して、ない―これが雑誌の企画なら、これほどやってもたいして痩せなかったことは、ことよりも「いいネタ」だし、チャンチャンで終わらせることも可能だ。しかし、これは単行本である。ちゃんと痩せた「・5号サイズが11号になりました」では、売れないと思う。やっぱり目標は7号、最低でも9...
続きはコチラ

夜食に心奪われる

夜の過食症夜。食べたくて食べたくて食べたくて、お腹いっぱい食べたくて、どうしようもなくなるときがある。4種類のチーズがパイ生地の縁からこぼれそうにたっぷりのっている『ラ・ラナリータ』のピッツァ。これぞケーキの真の姿、生クリームどっさりの『ビクトリア』のショートケーキ。卵を3つも使っている『チャモロ』の巨大オムライス。どんなに口を大きくあけても、1回では入り切らない『多幸ずし』の大巻き。撮影のときは、お願いだから真横から撮ってね、といいたくなる『橋善』のかきあげ丼。しかし、こういうときに浮かんでくるのは、一昌カロリー、一局たんぱく。しかも、こってりして腹もちがよく、1品で確実に満足感が得られる量...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る