大食漢 女子

そしてミステリー作家への転身である。マッハ文朱さんは85キロから65キロという数字が、豪快なカンジがして好感がもてる。しかし、やっぱリマッハさんもマッハ茶を出したあたりから、文化人のにおいがプンプンする。元プロレスラーは、マッハさんのほかにも、ミミ萩原さん、ダンプ松本さん、長与千種さんがダイエットをやっていて、ミミさんのほうは、女子プロ引退の1週間後に予定されていたビデオ撮影のために、7日間で54キロから47キロに減量。空腹時にはリンゴをかじり、入浴後にエクササイズという決死のダイエットだったらしい。ダンプさんは、かわいのどかさんが108キロから68キロまで痩せた、グローバル漢方で痩せた。さすがに男性以上の大食漢が揃う女子プロ界は、痩せる度合いもハンパではない。ダイエットに成功し、健康でキレイな人になったら、誰かに教えてあげたくなるのはわかI,22一。この私もそうなのだが、「フフフ、私が教えてさしあげるわよ」というように、上からものをいうのはイヤだ。あぁ、どうしたらいいのだ。締切りは迫ってくるし、思うように痩せないし。ここからブレークスルーした人が偉そうになるのは、なんとなくわかるような気がしてきた。捜せて見える眼年末、ある化粧品メーカーから、忘年会のお呼ばれがあった。

 

酵素ドリンクの効果


このページの先頭へ戻る